入園のご案内


募集のご案内

平成31年度の募集

満3歳児(空きがあれば満3歳の誕生日の翌月から入園可能。)

 

3歳児 65人 

(平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ)

 

4歳児 若干名

5歳児 若干名



諸費用

保育料  : 24,800円/月(全学年共通)

     給食費、専門講師授業料無含む

      (音楽・英語・体育・美術)

       水曜日は15時降園

 

通園バス代: 3,000円/月(バス利用者のみ)

PTA会費 : 無料


よくあるご質問

Q. 私立幼稚園就園奨励費補助金について教えてください。

A.  保護者様の所得に応じて7,000円から保育料全額までの保育料の補助制度があります。

  各市町村によって多少の違いがあります。

 

Q. 預かり保育はありますか。

A. 5時半まで延長致しました。また夏、冬休みに加えて27年度から春休みも始めました。

  時間も8:20~5:30までと働くお母さんを支援致します。

 

Q. 給食はありますか。

A. 月曜日~金曜日まで給食があります。食物アレルギーに関しましては、乳製品、卵の除去食を行っております。また、お母さん弁当を持ってくるのは、春の遠足と秋の遠足のみであとは完全給食です。

 

Q. セキュリティーについて教えて下さい。

A. 園児が安全かつ快適に過ごせるよう、監視システムを導入しております。カメラは駐車場、玄関、ホール等に設置し、常時園内を職員がリアルタイムでモニタリングしております。

  

Q. 駐車場はありますか。

A. 幼稚園周辺に6か所駐車場があります。

 

Q. バスコースの範囲について教えてください。

A. 平成29年現在、豊明市、名古屋市緑区(大清水、水広下、清水、尾崎山・姥子山・八つ松等)でご利用できます。

 

Q. 幼稚園とは、どんなところですか?

A. 幼稚園は、友達と共に生活をしながら、遊ぶ中で様々な事を学ぶ所です。子どもは3歳頃になると積極的に同年代の子どもと遊ぶことを求めるようになります。お友達と一緒に遊んだり生活したりすることは一人だけで遊んでいるだけでは、習得できない大きな喜びと成長があります。先生やお友達とかかわりながら楽しく生活することで生きる意欲を身に付けてゆきます。

 

 

Q. 幼稚園と保育園は、どう違いますか?

A. 幼稚園は、文部科学省管轄で、名称は幼稚園でも学校であり、大学まで一貫した学校教育機関です。保育園は厚生労働省の管轄で、家庭での保育が困難な子供を保護者に代わって保育する事を主目的とした幼児福祉施設です。

 

Q. 幼稚園では自由保育と設定保育をしていますが、まず自由保育とは何ですか?

A. 自由保育とは子供が自由意思でやりたい事を選んで、その中から生活の知恵を習得し、情緒を安定させ、友達との人間関係を学ぶ保育です。従って、自由保育は放任保育ではありません。自由保育は目的と意味を持って成されます。具体的には、登園してきたら『ワー、遊びたい』と、思えるような魅力的な環境を整えておきます。保育室に《つみき、ままごと、制作》などの遊びコーナーを設けその遊びの中で知恵、技術、人間関係を学び人格を成長させていく保育です。又保育者は、子どもの遊びをただ眺めているだけではなく、遊びの様子をよく観察し必要に応じて、おもちゃや環境を考えたり、作ったりします。双峰幼稚園の室内には、ヨーロッパから輸入した色鮮やかな知的玩具がたくさんあります。ヨーロッパの細かい積木で見事なビルを天井に届くほど、高く積み上げています。ままごとコーナーでは、人形にご飯を食べさせたり、寝かしつけたりと、世話遊びを楽しみます。保育者は、子供達が楽しく夢中に遊べるように陰の助言者になります。

 

Q. 設定保育とは何ですか?

A. 自由保育では、保育者は陰の助言者ですが、設定保育では表の指導者となります。指導案に基づき、音楽指導、体育指導、絵画制作、集団遊び、文字指導等、日によって様々ですが毎日短時間必ず行うのは、わらべ歌、リズムダンス、絵本の読み聞かせです。わらべ歌、リズムダンスでは、音楽による情操教育、絵本の読み聞かせでは、人格の成長を促す心の教育です。

 

Q. 自由保育と設定保育はどちらが良いのですか?

A. 車が両方の車輪があってうまく走るように、どちらも子どもの成長に必要です。両方の長所を絡み合わせることで子どもの成長を最大限に引き出せるのです。

 

Q. 文字指導はどのようにしていますか?

A. 文字に興味をもたせるお手紙ごっこをします。「お友達に手紙を書きたいから、字を教えて」という様な意欲を引き出し、遊びを通して字を覚えます。その後、年長になったら正しい書き方を習得させるため文字のワークブックを行います。

 

Q. 体育指導はどのようにしていますか?

A. 体育教育専門の先生が楽しく、元気に指導してくれます。運動遊びを通して全身運動で体力をつけていきます。年長になるとマッと運動やとび箱など美しいフォームでの器械体操もできるようになります。

 

Q. 音楽指導はどのようにしていますか?

A. 音楽教育と言うと、すぐ楽器演奏のことと思われますが、幼児の音楽教育は技術を競うものではありません。幼児の音楽教育は音楽に親しみ、音楽が好きになることです。幼稚園では、最初に日本民族原点となる音楽のわらべ歌に親しみます。次にリズムダンスでリズム感や情操を育てます。年長になると器楽合奏ではブラームス、ベートーベン、ドボルザークなどのオーケストラ名曲を演奏できるようになります。このように研究された経過を経てから楽器を教えますので無理なく楽しみながら器楽演奏が出来るのです。また、チャイコフスキー国際コンクールバイオリン部門で世界一に輝いた諏訪内晶子氏は双峰幼稚園の卒園生です。幼児には本物の芸術を感じさせたいという願いで世界的ジャズピアニスト山下洋輔氏をお招きして園のホールで演奏会をしました。NHK教育テレビ『ゆかいなコンサート』の歌のお姉さんとして活躍した森祐理も何度か招き、大変美しい歌声を生で聴く機会をもちました。

 

Q. 入園までにどんな事に気をつければよいですか?

A. まず親が不安や焦りを持たないことです。出来ない事は、「入園してから覚えれば良いの」と安心感を与え、親子で入園を楽しみに待つようにしてください。双峰幼稚園には、入園前のお子様を対象にした幼児教室があり、ベテランの先生が絵本、音楽、工作、運動などの保育をしています。週1回幼児教室で、お友達と遊ぶことで園生活への慣れ、期待を高める機会を与えるのも良い方法だと思います。